赤ちゃんの体温

赤ちゃんの平熱

 

赤ちゃんの体温は大人よりも高く、腋下温で約36.5〜37.4℃、口腔温は36.7〜37.7℃、直腸温は36.9〜37.9℃です。
また感染症だけでなく運動やその他さまざな要因により激しく変動します。

 

高体温か発熱か

 

37.5℃を越えると何かしらの異常が疑われます。38.5℃以下ならリンパ節を冷やすなどの措置をとり、38.5℃を越えると解熱剤の使用が必要となります。
特に生後3ヶ月以内の高熱は早めに病院で検査を受けて下さい。

 

体温が高くなりやすいのはなぜ

 

主な原因として体温調節を司る中枢機能の未発達が挙げられます。それに加えて抵抗力が低く、感染症に罹患しやすいことから発熱という形で症状が頻出します。

赤ちゃんの発熱の原因

 

発熱は病気の一症状であり、体からの警告でもあります。また発熱には病気の期間を短縮したり、抗生剤の効きを良くするなど、ウイルスの感染力を弱める働きがあります。
以下は赤ちゃんの発熱に多い原因です。
(1)風邪
風邪やインフルエンザは赤ちゃんがよくかかる病気です。風邪の場合は一般的に食欲不振、下痢、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴います。

 

(2)鼻耳のどの炎症
中耳炎やヘルパンギーナなどによる発熱は、咳、鼻水、のどの腫れ(痛がって何も食べなくなる) などの症状が伴います。

 

(3)突発性発疹
39℃以上の高熱が出て3〜4日後に発疹が出るのが特徴です。発疹は次第に消え、発熱以外の症状はありません。原因は不明で多くの乳児がかかる症状です。