体温と女性の健康 その1

体温の低下は美容にとって大敵であり、老化が進む原因になります。
女性は腹部の温度が1度下がるごとに代謝が12%減少します。また、血液循環が悪くなると体内に毒素がたまり免疫力も30%低下すると言われ、筋腫や不妊症のリスクも高くなります。
これらから、女性にとって体温の低下は直接健康にも影響することが分かります。
そこで今回は特に体温と関係のある女性の冷えについて紹介します。

 

胃腸の冷え

 

女性の身体は脾臓と胃で消化され運ばれてくる血液によって栄養を得ています。
消化の 「消」は氷を水に変えるように食べたものをのり状にすりつぶすことを指し、「化」はそれを血に変えることを指します。
そしてこの「化」の行程は全て小腸の酵素により行われます。小腸の酵素は温度に非常に敏感で、少しでも体温が下がると機能しません。毎日気をつけて酵素を摂っても効果が感じられない人の原因はここにあると言えます。
腹部温度が低く、食べ物を血に変える力が弱まっている人は、顔全体がくすみ目の周りが暗くなります。またシミや肥満などの問題も現れます。
よいサプリメントを摂ることよりも先に胃腸が冷えていないか確認しましょう。

 

胃腸の冷えをとるには

 

朝の生姜は高麗人参と同じと考えられており、毎朝摂ることで胃腸を温めて腎臓機能を改善します。朝食をしっかり「消化」し栄養が体内をめぐるのを助けます。
以下に手軽に作れるブラウンシュガージンジャーティーの作り方を紹介します。
(1)生姜ひとかけをきれいに洗い叩いて潰します。
(2)300mlのお湯を沸かし、ブラウンシュガー50gと生姜を入れ、弱火に2分かければ完成です。
あまり長く火にかけると酵素が壊れるため、温かさを保ちたい場合は魔法瓶に入れておくと良いでしょう。